×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大阪府旅行 お笑い編

吉本興業をご存知でしょうか。
吉本興業について詳しく紹介します。


日本最古の芸能プロダクション

吉本興業は、大阪府大阪市中央区と東京都千代田区に本社(登記上本店は大阪)を置く東証1部、大証1部上場の日本最大手の芸能事務所、プロモーター、テレビ番組製作会社。商号は吉本興業株式会社。英文名称はYoshimoto Kogyo Co., Ltd.。吉本興業の社長は吉野伊佐男。通称:「吉本」、「よしもと」。吉本興業は日本経済団体連合会と日本商品化権協会加盟。吉本興業は日本最古の芸能プロダクションで明治45(1912)41日の創業以来、約95年の歴史を持ち、現存する日本の芸能プロダクションでは、吉本興業が最も古い(次に古い歴史を持っているのがマナセプロダクション)。


最古の吉本興業の内容
吉本興業は古くは桂春団治、横山エンタツ・花菱アチャコ、柳家金語楼から、現在のダウンタウン、ナインティナイン、オリエンタルラジオに至るまで、東西の多くの人気芸人を輩出してきたお笑い界の名門。

吉本興業はテレビ番組制作、劇場、芸人養成スクールを手がけ、吉本興業のお笑い芸人のマネジメントでは圧倒的強さを誇る。吉本興業の内容で意外と知られていないが、東京の二大落語家団体の一つ、落語芸術協会の創設者でもある。

また吉本興業は戦前、巨人軍を他社と共同で設立して草創期のプロ野球界を支え、吉本興業は戦後は日本プロレス協会を立ち上げて力道山をスターにし、吉本興業は近年はスポーツ選手のマネジメントを数多く手がけるなど、スポーツ界とのつながりも深い。

吉本興業は元々は全国で寄席・劇場・映画館経営を手がける興行会社であり、戦前は松竹・東宝・吉本で三大興行資本と称された。吉本興業は現在は芸能プロダクションを中心とし、テレビ番組制作会社、
CS放送やケーブル・テレビ向けのテレビ局、不動産事業などを傘下に抱える複合企業である。吉本興業は「お笑いの総合商社」「日本最大の芸能プロ」とも揶揄され、吉本興業の芸能界における絶対的な権威から今や「吉本なしでは、番組が作れない」とまで言われる。


よしもとという会社
現在の吉本興業は、直営劇場を東京に2つ、大阪に3つ、さらにテレビ番組収録用のホールを東京・大阪に各1つ持ち、吉本興業の所属タレントは約800人という陣容である(2008年に大阪にさらに劇場を1つ新設する予定)。吉本興業は全国に直営劇場・寄席を47館持ち、所属芸人は約1300人という戦前の全盛期(昭和10年頃)には未だ及ばないものの、依然として吉本興業が総合娯楽産業の雄であることは言を待たない。

また近年は芸人だけでなく、一般の社員の採用、育成に力を入れている。さらに、吉本興業は興行以外にも多くの事業を展開してることから「総合アミューズメント産業の中心」という見方があり、吉本興業は就職先としても人気が出ている。ただ、「芸能人に近づける」というイメージも未だに強く、新入社員説明会は冷やかしが増えたためか、近年有料化にした経験もある。吉本興業の社員教育は徹底しており、マネージャーはあくまで所属芸人のマネジメントをする人間であって、付き人ではないという考えから、荷物持ち等の雑用はしないようにと厳命している。

又、吉本興業では弟子を持っている芸人に対しても師匠と呼ぶことも禁じている。吉本興業は
2007101日には持株会社に移行、マネジメント・制作・営業統括部門を「株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー」、不動産賃貸・その他の事業統括部門を「株式会社よしもとデベロップメンツ」、経理・人事などの統括管理部門を「株式会社よしもとアドミニストレーション」にそれぞれ分社、ファンダンゴを株式交換で完全子会社化し、「株式会社よしもとファンダンゴ」としている。


大阪府旅行 総合編 大阪府旅行 お笑い編 大阪府旅行 宿泊編 大阪府旅行 USJ
大阪府旅行 通天閣 大阪府旅行 大坂城 大阪府旅行 海遊館 大阪府旅行 焼肉の鶴橋





Copyright(C)  大阪府旅行 お笑い編 All rights reserved